head_img

嫌われたら出会えない

相手が不快に思うメールを送りさえしなければ大丈夫

キャッチボールが大事

出会い系サイトだけではなくて今一番人同士がコミュニケーションを取る上で最も利用されているのがメールですよね。メールの利用率はほぼ100%で老若男女問わず利用しています。

パソコンの所有率よりもメールのほうが多いほどで仕事やプライベート問わず今は生活に欠かせないものとなってきております。

しかし、意外とメールって人間性が出てくるものでメールが苦手な人はコミュニケーションをとるのも一苦労ですよね。

たとえ優良サイトを利用していても結局利用しているのは人同士ですので不快なメールを送られてしまったら相手からは好感をもたれることはできませんよね。

最終的に判断されるのはいかにメールで好感度を上げるかどうかが重要なのでここでは好感のモテるメールというものを紹介していきたいと思います。

まず最初に注意しなくてはいけないのは自分主体のメールを送ってしまわないようにすることです。自己中心的なメールだったりたとえ自分が年齢的にも年上であろうとも関係ありません。

知り合った状態ではフラットな関係ですので上から目線で話したりちょっと偉そうなメールをするのもいけません。

メールでコミュニケーションをとる上で大切なことといえば相手を褒めることです。メールだからこそ相手と顔を合わせることがないのですから恥ずかしがることはありません。

相手を褒めることを重視

上から目線で偉そうにするよりも相手を褒めてあげることが大切です。

自分はこんなにすごいんだ!ってアピールをするのはある程度相手に興味を持ってもらう上で大切なことではありますが、それでもアピールをしすぎてしまうとただの自慢話をする人としか認識されなくなってしまいます。

ある程度自分のアピールをしたら後は相手を褒めてあげるようなことに重きを置くようにしてください。あまり褒められなれていないからこそ照れるけれど嬉しいことでもありますよね。是非とも自分ではなくて相手を褒めてあげることを意識してください。

見やすく返答しやすい文章

またメールの文章なども相手に伝えたいことを羅列するのではなくて見やすさ伝わりやすさを重視しましょう。とくに長文や打ち間違いなどは相手も嫌がります。

とくに長文に関してはメールを見るのも大変ですし、いちいち返すのもめんどうですよね。とくに質問攻めをされたら面倒です。

出会い系サイトを利用したら一回のメールにお金が発生することだってありますがそのお金をケチってしまって相手に読みにくいメールを打たないようにしましょう。

分かりやすく大体一回のメールで200文字程度を目安にすると相手も分かりやすいと思います。

また会話というのはキャッチボールが大切ですからそういった部分で一方的に送ってしまうのはいけません。仕事中などは送れないという人もいるでしょう。

それにもかかわらずしつこく意味のないメールを送られても恐怖にしかなりませんのでちゃんと相手から返信がきてからメールを返すようにしましょう。

その時も来たら速攻で返すのではなくゆっくりと時間を空けて送ってあげたほうが親切です。

仲良くなりたい、自分のことを知ってほしいという気持ちが時に暴走してしまいますがそういったことは理性で抑えるようにしましょう。

ページトップに戻る